×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性でも薄毛になる

薄毛は、男性だけの悩みなんて思い込んではいませんか?

最近では、薄毛(いわゆるハゲのことですね)は男性だけの問題なのではなく、多?ある女性も薄毛に悩んでいるだと言われているのです。しかも、30代、中には二十台の若い女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の人でも、抜け毛や薄毛に悩んでいると言われているんですね。

男性の場合、主に男性ホルモンのバランスが崩れてしまう事による抜け毛や発毛不足が薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)の大きな要因となっていたのです。けれど、女性の場合、ほとんど男性ホルモン(アンドロゲンとも呼ねれており、男性だけでなく女性も分泌しています)の影響は受けないのです。それなのに、何故薄毛になってしまうためしょう。

それは、女性特有の問題がありますよね。例えば、ダイエット(摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やすというのが基本です)。女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)であれば、どういった方でも一度ぐらい経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)はあるでしょうが、理想的な体重(健康的なダイエットを目指すなら、体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしましょう)にするためにムリな食事制限(食事療法ともいいますね)を行うケースもあるみたいです。

そうすると、おのずと身体は栄養不足となり、髪にも深刻な影響を与える事でしょうね。また、ストレスも薄毛の大きな原因となります。女性であれば、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)にしか理解してもらえないような悩みを抱える事もあるでしょうし、仕事でも男性とはまた違った困難にぶつかる事もあるかもしれません。でも、美しい髪を保つ為には、ストレスは大敵といって過言ではないのです。それに、出産による薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)も、女性特有のなのですよ。

データでは、出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)によって薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)を経験した方は約半?近くもいらっしゃったそうで、こういう妊娠による脱毛は、「分娩後脱毛症」と呼ばれていらっしゃるでしょうね。ただ、こういう薄毛(イギリスでは頭髪タトゥーなんてものもあるそうです)は出産してから半年以内に症状が発生し、授乳が終わる半年後ぐらいで自然と治まってくるだといえるはずです。